「【NIDA世論調査】はバンコク都知事選を決めていない人の割合の減少を伝える」世論調査結果発表!1位は断トツであの人。知事に期待することは? “นิด้าโพล” ชี้ เลือกตั้งผู้ว่าฯ กทม. กลุ่มไม่ตัดสินใจ สัดส่วนลดลง

Politics
Politics
【今回の役立つ単語】สัดส่วน=割合、ผู้ว่าฯ กทม.=バンコク都知事

*単語をカーソルでなぞると単語の発音が流れます!(iOSではブラウザ上で音声承認が必要です)

記事・解説へ

「【NIDA世論調査】はバンコク都知事選を決めていない人の割合の減少を伝える」

““นิด้าโพล” ชี้ เลือกตั้งผู้ว่าฯ กทม. กลุ่มไม่ตัดสินใจ สัดส่วนลดลง”

  • “นิด้าโพล”=Nida Poll=Nida世論調査
  • ชี้=示す
  • เลือกตั้ง=選挙
  • ผู้ว่าฯ กทม.=バンコク都知事
  • กลุ่มไม่ตัดสินใจ=決めていないグループ
  • สัดส่วน=割合
  • ลดลง=減少する


“นิด้าโพล” ชี้ สนามเลือกตั้ง ผู้ว่าฯ กทม. 65 รอบที่ 2 “ชัชชาติ” ยังนำ “อัศวิน-สุชัชวีร์” ยังตาม ขณะกลุ่มยังไม่ตัดสินใจตามมาเป็นที่ 2 แต่มีสัดส่วนลดลง

  • รอบที่ 2 = 第2ラウンド
  • “ชัชชาติ”=チャチャート氏
  • ยัง=まだ
  • นำ=リードする
  • “อัศวิน-สุชัชวีร์”=アサウィン氏、スチャチャーウィー氏
  • ตามมา=続いて

「NIDA世論調査」は 2022年バンコク知事選挙 第2ラウンドで「チャチャート氏」は依然として「アサウィン氏-スチャチャウィー氏」をリードしていることを示しています。続いて決定していないグループが2位に付けていますが、その割合は減少しています。

今回の記事(2022年5月1日 Thairath)は、2022年バンコク都知事選挙の世論調査の結果を発表しチャチャート氏」が1位となり、まだ投票する候補者を決めていない人が2位となっていますが、その割合が減少したことを伝えています。

*各候補者の紹介は以下を参照してください。た

「【バンコク都知事】の椅子を争う候補者を知ろう」2022バンコク都知事選開幕!候補者を一挙紹介 รู้จัก ผู้สมัครท้าชิงเก้าอี้ "ผู้ว่าฯ กทม."
【タイ】2022年3月31日 バンコク都知事およびバンコク都議会議員の申請日初日を迎え、2022年4月4日まで8:30~16:30の間、バンコク市庁舎ディンデーン2で受け付け。【バンコク都知事】の椅子を争う候補者を知ろう!

「NIDA世論調査」

2022年5月1日、国立開発局(NIDA)の世論調査センターNIDA Poll」が実施した世論調査「バンコク都知事選2022 第2ラウンド」の調査結果を発表しました。

世論調査は2022年4月27日から29日にかけて実施され、バンコクの有権者18歳以上を対象に、50のすべての地域、1,357のサンプルを収集しました。

サンプルの抽出は「NIDA Poll」のマスターサンプルに基づく教育・職業・収入グループからの単純無作為抽出を採用して97%有意性があります。調査は電話でのインタービュー形式を行われています。

「バンコク都知事選2022 第2ラウンド」の調査結果

バンコク都知事選2022 第2ラウンド」の調査結果は以下の通りです。支持率の高い順に掲載しています。*氏名 /(所属)/ 候補者番号 / (支持率)

1位:チャチャート氏(無所属)⑧
(44.58%)ดร.ชัชชาติ สิทธิพันธุ์ (อิสระ) 

Chatchart

理由:才能・ビジョンあり、決意を感じる。人々の問題に耳を傾けるために足を運んでいる。

2位:投票する候補者が決まっていない
(11.42%)

理由:候補者の方針やビジョンを見てから決定したい。

3位:アサウィン氏(無所属)⑥
(11.27%)พล.ต.อ.อัศวิน ขวัญเมือง (อิสระ) 

理由:経験豊富。継続的に続けることができることが利点。*前バンコク都知事

4位:スチャチャウィー氏(民主党)④
(8.99%)ดร.สุชัชวีร์ สุวรรณสวัสดิ์ (พรรคประชาธิปัตย์)

Wirot

理由:民主党の新世代で新しいアイデアを持っている。バンコクを外国と同等に開発・発展できそう。

5位:ウィロート氏(進歩党)①
(6.93%)ดร.วิโรจน์ ลักขณาอดิศร (พรรคก้าวไกล)

理由:新世代であり、仕事に信念と熱意がある。

6位:無記名投票
(5.75%)

7位:サコンティー氏(無所属)③
(3.17%)นายสกลธี ภัททิยกุล (อิสระ)

SakonTee

理由:経験があり、バンコクの継続的に支援できる。

8位:シタ氏(タイ建設タイ党)⑪
(2.51%) น.ต.ศิธา ทิวารี (พรรคไทยสร้างไทย)

理由:政策が好きで政党を応援している。

9位:ロッサナ女史(無所属)⑦
(2.28%) น.ส.รสนา โตสิตระกูล (อิสระ)

Rosana

理由:ビジョンがあり熱心に活動している

10位(2.28%) 選挙に行かない

その他(0.96%)

  • ティタ女史(無所属)② พันโทหญิง ฐิฏา รังสิตพล มานิตกุล (อิสระ)
  • ウィラチャイ氏(無所属)⑤ นายวีรชัย เหล่าเรืองวัฒนะ (อิสระ)
  • ワタリー女史(無所属)⑨ น.ส.วัชรี วรรณศรี (อิสระ)
  • プラユーン氏(無所属)⑫ ดร.ประยูร ครองยศ (อิสระ)
  • プラパット氏(無所属)㉕ นายประพัฒน์ บรรจงศิริเจริญ (อิสระ)

今回の調査では、第1ラウンドの世論調査の結果と比べ、選挙で無記名投票を行う人の割合は減少し、投票に行かない人の割合が増加していると伝えています。それ以外の候補者順は変わっていません。

バンコク地域別順位

【バンコク中央】

  1. チャチャート氏(77%)
  2. 未決定(12.10%)
  3. アサウィン氏(11.47%)
  4. スチャチャーウィー氏(8.24%)

【バンコク南部】

  1. チャチャート氏(79%)
  2. アサウィン氏(14.74%)
  3. 未決定(9.47%)
  4. スチャチャーウィー氏(7.37%)

【バンコク北部】

  1. チャチャート氏(40%)
  2. 未決定(14.77%)
  3. アサウィン氏(9.85%)
  4. スチャチャーウィー氏(9.47%)

【バンコク東部】

  1. チャチャート氏(41%)
  2. 未決定(12.69%)
  3. アサウィン氏(11.15%)
  4. スチャチャーウィー氏(9.29%)

【クルントン北部】กลุ่มเขตกรุงธนเหนือ

  1. チャチャート氏(?%) *記事に誤植あり
  2. スチャチャーウィー氏(10.75%)
  3. 未決定(10.21%)、アサウィン氏(10.21%)
  4. アサウィン氏(7.53%)、無記名投票(7.53%)

【クルントン南部】กลุ่มเขตกรุงธนใต้

  1. チャチャート氏(63%)
  2. アサウィン氏(10.97%)
  3. スチャチャーウィー氏(8.44%)
  4. ウィロート氏(8.02%)、未決定(8.02%)

バンコク都知事に実行して欲しい事

新バンコク都知事に実行して欲しい事として以下の調査結果を報告しています。(回答数660)

  1. 交通渋滞の解決(23.34%)
  2. 政策の実行(14.09%)
  3. 洪水対策(13.33%)
  4. 生活の質の向上(9.09%)
  5. 生活費(8.94%)
  6. ゴミ問題の解決(8.03%)
  7. 新知事として最初の公約実行(6.67%)
  8. 路上の屋台の問題(5%)
  9. 道路の補修(4.09%)
  10. 公共交通機関の管理(3.03%)
  11. 大気汚染の解消(1.97%)
  12. 汚職問題の解決(1.06%)
  13. 安全な生活(0.76%)
  14. 下水問題(0.30%)
  15. ホームレス問題(0.30%)

【ニュース深堀り】

「NIDA Poll」のFacebook

NIDA Poll」では様々な世論調査をしており2022年4月10日も第1ラウンドのバンコク都知事選の世論調査の結果も同サイトでを発表しています(タイ・英の切り替えがありますが、タイ語のみしか表示されません)。

また、データの抽出方法や今回のデータの年齢・性別・宗教・職業などのサンプリング基準も掲載しています。(ただしそれぞれ毎の支持率詳細はなし)

また「NIDA Poll」のFacebookでも今回の第2ラウンドの結果を公表しており、第1ラウンドでの結果を併せて伝えています。

まとめ、感想

バンコク都知事選の投票日は2022年5月22日に控え、第2回目の世論調査をの結果が発表されました。結果チャチャート氏が支持率44.58%と2位アサウィン氏、3位スチャチャーウィー氏を大きく引き離して独走している状況です。

候補者をまだ決定していない人も今回11.42%いましたが、前回1回目の26.58%から割合が大きく減っていますので、投票日までには候補者も決まっていくかと思います。

最新NEWSへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました